コンテンツ本文へスキップ
スマートフォンサイトはこちら

本社・第一工場

𠮷岡製油第一工場では主に、動物性油脂(ラード)の製造と、廃食油のリサイクルを行っています。

所在地
埼玉県入間市二本木1409番地1号
敷地面積
1,200.10㎡
業務内容
動物性油脂(ラード)の製造ならびに廃食油のリサイクル
処理能力
動物性油脂(ラード)の製造:最大10トン/日 廃食油のリサイクル:最大19.1トン/日

動物性油脂(ラード)の製造

  • 1食肉の成型や加工段階で出る脂身を原料として仕入れます。
  • 2専用のマシンで細かく裁断します。
  • 3抽出した脂身を平釜で直火炊きをしながら熱を加えます。
  • 4十分に熱を加えながら、ラードを抽出します。
  • 5フィルタープレス機で余分な不純物を取り除きます。
  • 6品質チェックを行い、出荷します。主に業務用ラードとして使用されており、【𠮷岡の純正ラード】はお客様にも大変好評化をいただています。

主要設備

原料タンク

クッカー(加熱機)

遠心分離機

製品タンク

廃食油のリサイクル

  • 1食品工場などから出る廃食油を回収します。
  • 2加熱機で処理しやすいように加熱を行います。
  • 3フィルタープレス機で油分を抽出します。
  • 4遠心分離機で油成分ごとに分類、抽出します。
  • 5品質チェックを行い、出荷します。主に、飼料原料や工業用インク原料、石鹸、燃料として使用されています。
  • 6絞り残さも、肥料原料などに応用されています。

その他の設備

製品タンク

ボイラー

缶プレス機

缶洗浄機

フォークリフト

オフィス

本社・第一工場(現在のページ)

事業紹介 目次ページへ

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る