お問い合わせはこちら

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

お問い合わせはこちら

吉岡製油有限会社

〒358-0015
埼玉県入間市二本木1409番地1号

TEL
04-2934-1614
FAX
04-2934-5690

メールでのお問い合わせ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

  • CSR活動

トップページ > 最新情報

最新情報

第五回 いるま環境フェアに出展します。

2016年06月13日

★第五回 いるま環境フェア

6/19(日) 10:00~16:00
入間市産業文化センター 2F 入間工業会ブース内

吉岡製油 出展します!
工業会のクイズに答えて、先着100名様にレタス栽培キットセットをプレゼント!
キットセット内にコネコネマイせっけんを提供しています。

いるま環境フェア Facebook
https://www.facebook.com/pages/いるま環境フェア/1414371918832245

★FM茶笛・入間ケーブルテレビ

いるま環境フェアに向けて取材を受けました!
主に環境に関する会社での取り組み、事業内容などをお話させてもらいました。
放映日は決まり次第更新します。お楽しみに!

FM茶笛 放送日
6月15日(水) 18:30頃~50頃 「チャッピーアフター5」内
           ※生放送番組内につき時刻は変動します。

出演:吉岡製油有限会社 常務取締役 吉岡高志
                 総務担当  吉岡美咲


放送をお聴きになる方法
●FMラジオ
 =周波数を「77.7MHz」に合わせる
  (入間市を中心に、所沢・狭山・飯能・日高・瑞穂町の一部エリア内)

●パソコン・スマホ
  =FMチャッピーウェブサイト http://fmchappy.jp/ から
   「スマホで!パソコンで!チャッピーを聴こう」バナーをクリック/タップ
 ※インターネットで聴く場合、無料アプリのダウンロードが伴いますので、予めご準備ください。
  (アンドロイド「ストリーミング動画ビューアー」「ADOBE AIR」)

平成27年度 万燈祭り

2015年11月13日

今年も10月の最終週にあたる24,25日に入間万燈祭りに出店しました。
両日とも天気が良く多くの来場者がいらして店前の道も一時は人人人でした。
今回は当社、自家製ラードを使用して揚げたコロッケ、から揚げ(すみません食材は業務用です<(_ _)>)を販売しました。当初、場所があまり良くなかったために完売できるかなと思っていましたが、社員一同がんばって、開催終了1時間前に完売しました~♪。
買ってくださったお客様も、これおいしいね、また買いにきたよ
昨日も買ったよ、どこでやっているの.....とお褒めの言葉がいくつも聞こえ
忙しいながらも大変うれしく思いました。
これにより、より一層自信を持って自社製ラードを販売していきます!!

平成27年度 万燈祭り 出店風景1
平成27年度 万燈祭り 出店風景2
平成27年度 万燈祭り 出店風景3

狭山台工場稼働開始およびキャンペーンのお知らせ

2014年01月23日

いよいよ、弊社の第二工場となる「狭山台工場」が、来月2月に稼働開始となります。

日頃よりご愛好賜っておりますお得意先様には、たいへんお待たせいたしましたことをお詫び申し上げます。

この新工場を万全の体制で運営し、循環型社会づくりに更なる貢献を果たして参りたいと存じます。

2月1日に限り、工場オープン記念といたしまして、
飲食店様など地域の事業者様から廃食油をお持込みいただける
キャンペーンを実施いたします。

お持込みいただきましたお客様には、
廃食油10kgごとに100円にて買い取りいたします。


【キャンペーン開催日時】
  平成26年2月1日 10時~3時まで

【お持込条件】
 ①揚げ物にて使用した物
 ②エンジンオイル等鉱物油が混ざっていない物
 ③食用油が入っていた容器を使用
 ④下水等より汲んだ物でないこと

詳しくは添付のキャンペーンチラシをご確認ください。


引き続き、ご愛好賜りますようどうぞよろしくお願い申し上げます。

キャンペーンチラシはこちら

狭山台工場案内図①はこちら

狭山台工場案内図②はこちら

新工場稼働のお知らせ

太陽光発電による発電&売電の実績報告(2013年10月)

2013年12月04日

太陽光発電による発電&売電の実績報告です。

■10月度 発電&売電実績 1,489kWh 
 販売(予定)額  62,538円


引き続き、実績を公開していきたいと思いますのでご注目ください!

廃食油の取り扱い、安全管理について

2013年11月19日

先週15日、千葉県野田市で廃油処理施設が爆発するという事故が発生しました。
当社とは異なりこの施設では、エンジンオイルや石油系工業用油の廃油を取り扱っていました。

新聞記事等によると、「何らかの原因で揮発性の高い油(引火しやすい油)が
混入し、それを処理をしようとしたところ爆発したのではないか」とされています。

当社は、今回事故が発生した施設とは異なり、動植物性の油脂や廃食用油のみを取り扱っております。
動植物性の油脂や廃食用油は成分上、揮発性が低いため引火する危険性は限りなく低いものとなっておりますが、
今回の事故を教訓に、日々の管理体制の再確認など、安全管理の強化を進めてまいります。

1 > 2 > 3 > 4 > 5

ページトップへ